2018年4月23日

愛車のクリーニングで快適なカーライフ

私は、日産セレナ(C26)に乗っています。
新車で購入しましたが、ディーラーオプションで設定されている純正のフロアマットは付けていません。純正のフロアマットは、その車専用に設計されていて、ぴったりフィットするし、正規品ということで品質もしっかりしているのでいいのですが、何よりも高いのがネックです。セレナのようなミニバンであれば、純正のフロアマットで5万円~6万円、コンパクトカーでも2万円~3万円はする商品です。車自体の金額が100万円以上するものなので、5~6万円をあまり気にする人は少ないかもしれませんが、節約するのに越したことはありません。
そこで私は、いつも社外品のフロアマットを購入しています。基本的に社外品のフロアマットは、ネットで検索すれば、人気のセレナなどの車種は専用のフロアマットが販売されていますので、自分で加工する必要がありません。そして金額の方も、セレナのようなミニバンであれば1万円台から、コンパクトカーであれば5000円くらいからあります。さらに種類も豊富で、純正のようなブラック系のフロアマットから、おしゃれなチェック柄もあります。チェック柄であれば、チェックの色と周りの縁、そしてスティッチの色などを自分の自由に組み合わせられる商品もあります。そうすることで、自分の愛車の車内がお気に入りの空間にすることができますし、上質な商品だとしてもおそらく値段としては3万円もしないので、純正のフロアマットの半額以下で、自分のお気に入りのフロアマットを手に入れることができます。
これだけ安いフロアマットであれば、一定期間ごとに買い替えを購入検討することもできます。当然、使っていけば劣化してくるので、例えば車検ごとに気分を変えるために新しいフロアマットに交換することで、また新車のような気持で車に乗ることもできます。
このように、社外品のフロアマットはいいことだらけなので、新車購入時は営業マンの勧められるままに純正品を購入するのではなく、社外品の購入を検討してみてはいかがでしょうか?