2018年4月23日

愛車のクリーニングで快適なカーライフ

中古車を購入する人はフロアマットはどうしていますか?多くの人が以前のオーナーが使っていたフロアマットをそのまま使うのではないでしょうか。これにあまり抵抗感を抱かずにカーライフを送っている人もたくさんいますが、これは意外と不潔です。フロアマットは土がたくさん付いていますので、知らない以前のオーナーが行った場所の土がたくさん付いています。
ですので中古車を購入したときには新しくフロアマットを購入するのがオススメだと思います。フロアマットはディーラーオプションですのでディーラーで注文すると購入することができますが、これが意外と高額です。ルーミー程度の車種なら2~3万円で購入できますが、高級車になると5万円以上になるものがたくさんあります。またレクサスなら特殊な吸音材を使っていたりしますので10万円を超えますし、トヨタのアルファードなども床の面積が大きいので10万円を超えます。こうしたディーラーの純正品フロアマットは床にピッタリフィットするように設計されていますので、多くの人に好まれていますがかなり高いというデメリットがあります。またデザインが地味ということも言えます。純正品の多くは黒や茶色、グレーなどの無地であまりおもしろみがないデザインです。
そこでオススメなのが社外品のフロアマットです。社外品のフロアマットというと既製品で床にピッタリフィットしないのではないか、と考えがちですが最近のフロアマットは車ごとに設計されていますので、床にピッタリフィットします。また社外品は価格が大幅に安いというメリットがあります。安いものだと純正品の半額以下で購入できますので、大変お得です。通販ならルーミーの社外品フロアマットが5000円から販売されていました。その他には派手な柄物のデザインもあります。こうしたものは特注品で注文してから業者が生地を切ってマットに仕上げてくれ、自分好みのフロアマットでドライブを楽しめます。気になる人はインターネット通販でぜひ購入してみてください。